» 2013 » 9月のブログ記事

ここ1か月、自分を悩ませていたやつがいます。それはニキビです。結構、目立つぐらい出来てるんですよ。
ニキビはただ普通にしてたんじゃ、治らないっていうことが今になって分かりました。
普通に気にし始めて1か月、付き合っている彼女にも心配されちゃいました。
悩んでいるなら、何かしろってことで、本気でニキビを治したいと思います。
ニキビの原因はアクネ菌と菌らしく、それをやっつけるためにまずは洗顔をしっかりやる事だとそれ用の洗顔フォームを購入しました。
それから、ニキビ用のローションというのもよさそうなのでそれも手に入れて。
これで、どれぐらいニキビがなくなるかどうか、毎日ブログに書いていこうと思います。
しばらくニキビ観察が続きますが、よろしくお願いします。

ニキビがストレスのサイン

| 健康 |

私はニキビが出てしまうとそれが一日中気になって仕方がなくなってしまう性分です。
勉強や何かの作業をしているときも、ふと気づくとぺたぺたと触って形や触感を確かめてしまいます。
「そんなことをするからいつまでも治らないんだ」と言われても、無意識に近い感覚でやってしまっているので、なかなかやめられません。
しかも、私の場合は勉強やイベントなどで忙しくなったときに出やすいニキビのタイプのようで、忙しくていらいらしているのにニキビができてさらにいらいらしてしまうという悪循環です。
昔よりはニキビもできにくくなったのですが、今でもたまに吹き出物がでたりすると「今って結構ストレス感じてるのかな」と逆に気づかされたりもします。

つい先日、新しい化粧品を試してみたら、最初は調子が良かった肌が数日後には、赤くて痛みのあるニキビが発生したため、急遽病院に行ってきました。
医師の診断では、やはり化粧品が肌に合っていなかった、ということで、いくつかビタミン剤と塗り薬を貰い終了したのですが、まさか、肌が強い私が化粧品負けしてしまうとは思いもよりませんでした。
生理前というのも化粧品が合わなくなった一因かもしれませんが、生理前は肌が敏感なので新しい化粧品を試すのはやめといたほうが良いと思います。
白にきびから赤ニキビへの進行が早い場合は、市販の化粧品では中々治りにくいので、病院で処方した薬を塗るのをオススメします。
ニキビは痛みのある赤ニキビレベルになると、危険度大ですので、くれぐれも化粧品の扱いには注意してください。